読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tomo's life

女子大生3年目突入。マレーシア生活始めました。東南アジア満喫中。

ベトナムでは映画を見るべし!かなり安い!

travel vietnam

 

こんにちは。

 

合計するともうすでにハノイに1週間くらい(もっとかも)滞在しています。観光地に行くことは飽きたので(と言うより、ハノイにそんなに見たいところない)、今日はベトナム人の娯楽を体験してみようと思い、映画を見ることにしました。

 

 

私が行ったのは、CGV Cinema Ba trieuというところで、ホアンキエム湖の南からずっとまっすぐ行ったところにあり、Vincom Centarという大きなモールの中に入っています。

ホームページはこちら↓

https://www.cgv.vn/vn/theaters/cinema/index/city/hanoi/name/cgv-vincom-center-ba-trieu

 

 

今日は10個くらいの映画が上映されているようで、多いのだと2時間に一回くらいは上映されているみたいです。その割に、人は少ないように感じましたが…。まあ、今日は平日ですしね。

 

チケットは窓口で買えます。上映予定の映画がパネルに出ているので、映画名(英語表記ありました)と時間を伝えれば、すぐに買えます。

 

 

ベトナムの映画は安いと聞いていたのですが、値段を聞いてびっくり!

75000ドン、約380円でした。安い!!日本の約4分の1くらいですね。

 

f:id:tomomingc:20160822161512j:plain

 

今回見たのは、「Train to Busan」という映画。10時20分頃映画館に到着したので、ちょうどいい時間帯のないかなと思っていたら、10時40分から始まる映画があったので、これにしました。特にこれを見たいと思って選んだわけではないです。

 

 

日本の映画館って、上映開始時間よりもちょっと早くから入ることができますよね。私もそういうものだと思って、10時半くらいに入ろうとしたら、まだだから待っててと言われました。あと10分くらいで始まる予定なのにまだ準備が終わっていないのかなと思っていたら、徐々に周りにベトナム人カップルが増えてきて、10時40分ちょうどに入場となりました。ベトナム人にとって映画はデートの定番なのかもしれません。ちなみに私の席はカップルとカップルに挟まれました。

 

f:id:tomomingc:20160822162425j:plain

高級感の漂う映画館。雰囲気は日本の映画館とすごく似ている。

 

場内に入るともうすでに暗いし、本編始まる前の広告も始まってるし、広告の途中から入ってくる人の方が断然多いし、話している人もいるし、ツッコミどころ満載。でもジュースとポップコーンは日本と変わらずみんな飲み食いしていました。

 

 

今回私が見た「Train to Busan」という映画は、まだ日本では公開されていないようです。音声は韓国語ですが、ベトナム語と英語の字幕があったので助かりました。まあ、英語字幕で完璧に理解することはできないので、ベトナム人がクスって笑っているタイミングで笑えないのは、何の話したんだろうって気にはなりましたが…。でも全体の話の流れはわかるので細かいことは気にせず見ました。

 

 

内容としては、毎日忙しく働いていて、子育てからも離れ気味の父親が、母親に会いたいと言う小学生の娘を、離婚した妻に合わせるため、ソウルから釜山行きのKTX韓国高速鉄道)に乗り込むことから始まります。なんと、そのKTXにはゾンビに噛まれたことで、ソンビ化してしまった女性が乗り込んでしまったことで、KTX内ではゾンビウイルスが拡大してしまいます。逃げ場がだんだんと無くなっていく中で、人々が極限状態に陥ることで、人間同士の不信感のぶつかり合いが起きたり、距離感のあった父娘の距離が縮んでいったり、他人を守るために自分を犠牲にしたり、と衝撃的な映像が続く中にもかなりヒューマン要素のある映画でした。いやー、まさかベトナムの映画館で涙を流すとは思ってもいませんでした。いい映画を選びました、これは。俳優さんもたまたま私が韓ドラにはまったきっかけ(コーヒープリンス1号店)でもあった、コン・ユが主演で、最初映った時はびっくりしました。これはラッキー。

 


CHUYẾN TÀU SINH TỬ - Train To Busan - Trailer Chính Thức (Khởi chiếu từ 12/8/2016)

 

 

 

感動に浸りながら最後のエンドロールをぼんやりと眺めていたのですが、ベトナム人終わったらすぐ出て行くんですよ。最後まで見て、場内が明るくなったら帰る、というスタイルの日本人は多いですよね。でもベトナムでは、最初に述べたように、始まってから入場し、本編だけを見て、終わったらすぐ帰る、というスタイルの方がメジャーみたいです。こういった違いを発見するのも面白いです。 

 

 

ベトナムではかなり安く映画を見ることができるので、オススメです!

 

 

 

tomo