tomo's life

女子大生3年目突入。マレーシア生活始めました。東南アジア満喫中。

マレーシア・クアラルンプールでTOEICを受けてみた

 

先日、マレーシアに来て初めてTOEIC を受けてきました。

 

申し込みはTOEIC Malaysia のウェブサイトからで、クレジッット決済で申し込みできるので簡単です。ちなみに日本のように受験票などはなく、申し込み完了しました、というメールが来るだけです。

ウェブサイトはこちら↓

Welcome to TOEIC Malaysia | TOEIC Malaysia

 

2017年から値上げされ、260(+証明書20リンギットリンギットになるみたいです。

マレーシアのTOEICのすごいところは、当日にプラスで20リンギット払うと、結果をその日のうちにくれるところです。まあ、受験者数も少ないから可能なのでしょう。TOEICはマレーシアではメジャーではないため、受験者も日本人と韓国人がほとんどのようでした。

 

 

マレーシア・クアラルンプールのTOEICは、受験会場の場所がわかりにくい!として有名です。タクシーの運転手も大体の人は分からないと思います。近くまで連れて行ってもらい、自力で探しましょう…。

 

最寄り駅は、Satiawangsa駅なのですが、駅からは900mくらい離れています。

 

 

 

目印となるのは、ペトロナスのガソリンスタンドとマクドナルドだと思います。ガソリンスタンドとマクドナルドが見えたらあなたは会場のすぐ近くまで来ています。

 

f:id:tomomingc:20170109213850j:plain

 

これはガソリンスタンドから会場を見た風景です。

 

え、どこ?って感じですよね。

入り口は、この赤い看板(WINTECH)と緑の看板(CN Health&Beaty)の間です。

 

f:id:tomomingc:20170109214219j:plain

 

こんな感じの階段を登っていきます。

 

f:id:tomomingc:20170109214221j:plain

 

小さな張り紙が出ていました。

 

 

会場に着いたら、まず、受付をします。

パスポートを忘れずに持って行きましょう。荷物を入れるためのロッカーの鍵も渡されます。

 

また、ここで写真も撮ります。これは証明写真を自分で用意しなくていいので楽ですね。

 

会場の教室に持っていけるのは、パスポートと上着、ロッカーの鍵だけ、です。マレーシアは試験に厳格なのか?教室に入る前にも空港の出国審査みたいに、金属探知機?みたいなのを一人一人やりました。

 

教室は、カンニング防止のため、机一つ一つに仕切りがありました。こんな風に試験を受けたのは初めて。ちなみに鉛筆も消しゴムも用意されていました。日本と全然違いますね。

 

座る場所にもよりますが、私の指定された席はエアコンの風が直撃でした。上着必須です。

 

 

試験は12時頃終わったのですが、結果は13時頃に次々と名前が呼ばれて、渡されました。

 

 

結果は…まだまだ伸びしろがたくさんありますね……。頑張ります。

 

 

 

 

tomo