読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tomo's life

女子大生3年目突入。マレーシア生活始めました。東南アジア満喫中。

日本のラーメンをマレーシア・クアラルンプールでも!〜東京豚骨拉麺ばんから〜

malaysia

 

大学生の食事って言ったら、ラーメン!っていうくらい日本の大学生はラーメンをよく食べますよね。私も日本にいるときは、よくサークルの後にみんなで食べに行ってました。田舎すぎてラーメン屋しかなかったっていうのもありますが…。

 

 

実は、マレーシアでもラーメンはすごく人気があります。一風堂やばんからなどが日本から進出してきているので日本と変わらない味を楽しむことができます。

 

 

今回はKLCC駅直結のモール、AvenueKにある「東京豚骨拉麺ばんから」に行ってきたのでその話です。

 

f:id:tomomingc:20170205134526j:plain

カウンター席とテーブル席があります。

 

 

 

 

ばんからは日本だけでなく、オーストラリアやインドネシア、タイ、そしてマレーシアなど世界にも進出しています。

 

 

私は韓国人の友達と仲がいいのですが、その子がよく「ラーメン食べたい!」って言っていたので、今回の来店はすでに4回目です。

 

一食25〜35リンギット(約700〜900円)くらいなので、ほぼ日本と変わらない値段です。マレーシアで考えたらいいお食事っていう感じですね。

 

客層は、中華系がほとんどですが、日本人の方もよく見かけます。

 

 

正直なところ、私は日本のばんからには行ったことがないので味の比較はできないのですが…、お店の公式ウェブサイトを覗いてみると、マレーシアのメニューと同じメニューが載っているのでほぼ同じ味が楽しめると思います。

 

公式ウェブサイト

www.ramen-bankara.com

 

やはり、豚骨に力を入れているお店なので、結構スープがこってりとしてます。今までは、「ばんからラーメン」や「あっさりばんから」を頼んでいたのですが、今回は、「角煮ばんから」を頼んでみました。超こってりラーメンです。

 

f:id:tomomingc:20170205134940j:plain

 

でも、角煮が柔らかくて、大きくて、豚肉食べてる〜っていう感じでした。この感覚伝わるかなあ。マレーシアにいると、宗教の関係上、豚肉を食べる機会がすごく減ってしまうんですよね。日本にいるときは豚肉食べたいとか全然思わないのに、マレーシアにいると鶏肉ばかり食べるので、時折豚肉をすごく食べたくなる時があるんです。

 

 

現在通っている学校も近いのでラーメンが無性に食べたくなったら、私はまたここに行くと思います。

 

 

マレーシアには、Avenue Kのほか、Mid Valley Megamallにも入っているようなので、ぜひ!

 

 

 

tomo