読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tomo's life

女子大生3年目突入。マレーシア生活始めました。東南アジア満喫中。

都会暮らしクアラルンプールからアートの街ペナン島へ〜2泊3日の週末小旅行

 

久々の更新。

 

ペナンへ行ってきたので今回はその話。

ペナンへはバスでも6時間ほどで行けますが、今回はエアアジアを利用しました。クアラルンプールから約1時間で着きます。非常に早いですね。まあ、この1時間っていう数字だけを見れば…。

 

クアラルンプールに降り立ったことのある人は分かると思いますが、クアラルンプール国際空港はクアラルンプール市内から結構離れているんです。日本で言えば、成田空港と都心っていう感覚でしょうか。もちろんクアラルンプールにも成田エクスプレスのように、空港と市内を30分ほどで結ぶ「KLIAエクスプレス」という電車が走っています。しかし、これ、マレーシア料金ではありえないくらい高いです。片道55リンギット(約1500円)もします。このKLIAエクスプレスは空港とKL Sentralまでをノンストップで走るので、急ぎの時には便利ですし、車内はwi-fiもあり、快適です。

 

 

しかし、KL Sentralからは空港行きのバスが1時間に何本も出ており、12リンギット(約300円)で行けるのでお金を節約したい人はこちらの方がいいでしょう。ここで注意しておきたいことは、渋滞の存在です。道が混んでいなければ、1時間ほどで到着しますが、ラッシュアワーに重なるともっとかかってしまいます。バスを利用するときは、時間にゆとりを持たせることが必要です。ちなみに私が行ったときは、2時間かかりました…。

 

今回利用した便は22:00発だったのですが、バスに乗った時、遅延のため22:50に変更になったとのメールが…。クアラルンプール国際空港にはターミナルが二つあり、KLIA1とKLIA2にわかれています。エアアジアが多く乗り入れているKLIA2は新しくて、レストランやショップ、スーパーまでも入っているので、時間を潰すには苦労しないです。しかし、搭乗時間になってもなかなか搭乗ゲートが開きません。結局、飛行機に乗れたのは23時半くらい。その後、無事に出発し、ペナンには24時半に到着しました。

 

agodaを使って、その日泊まるホステルをジョージタウンに予約していたので、タクシーを使って向かいます。

タクシーは空港に着いて、タクシーカウンターというカウンターに行くと、前払い式のタクシーに乗ることができます。ちょっと高いですが、最初に払った以上に払う必要はないので、ぼったくりもないですし、空港と提携しているので信頼できるドライバーです。こんな深夜に街中出るのも良くないですからね。

 

f:id:tomomingc:20161127125933j:plain

このようなチケットをもらえます。

 

f:id:tomomingc:20161127125934j:plain

同じようにタクシーを待つ人が並んでいます。

 

 

次に日の朝からはジョージタウンを観光。マラッカと雰囲気が似ているように感じます。

 

ジョージタウンはクアラルンプールよりも交通量が少なく、町全体の空気感がゆったりとしています。

 

f:id:tomomingc:20161127130727j:plain

仏教寺院があったり、

 

f:id:tomomingc:20161127130713j:plain

イスラム教のモスクがあったり、

 

f:id:tomomingc:20161127130812j:plain

ヒンドウー教寺院があったり。ちなみにこれらはすべて同じ通りにあります。様々な宗教が共存しているマレーシアの象徴とも言えるでしょう。

 

また、ペナンと言ったら、ウォールアートが有名です。初めのうちはジョージタウンの地理が分からないので、見つけるのに苦労しますが、慣れてくると至る所で発見することができるようになります。どこにどんなウォールアートがあるのかについて書いてあるマップが、ホテルやレストランに置いてあるのでそれを参考に歩くのもいいと思います。

 

f:id:tomomingc:20161127131730j:plain

 

f:id:tomomingc:20161127131556j:plain

普通に通りの壁に描かれているので、車やバイクが結構通るので注意が必要だったりします。人気なウォールアートは写真を撮るための列ができていて順番争奪戦だし、写真を撮る時はみんなに見られて結構恥ずかしい。笑

 

 

また、街中にはたくさんの博物館やギャラリーがあります。どこもだいたい10〜20リンギットくらいの入場料なので、比較的入りやすいと思います。

 

Wonderfood Museumというところに行ってみました。

f:id:tomomingc:20161127132737j:plain

マレー料理の食品サンプルです。非常に良くできています。

 

f:id:tomomingc:20161127132501j:plain

こんなに大きいのが置いてあったり。スタッフの人たちが写真を撮ってくれるので、かなーり楽しめます。展示数も多くて、まだあるの?!って感じるくらいです。

 

 

 

 

ペナンは街歩きが楽しく、ご飯も美味しいですし、物価がクアラルンプールよりも安いように感じます。週末のちょっとした観光にはちょうど良いのではと思いました。

 

 

 

tomo